物件詳細ページ

手間ひまをかけて、育てる愛情。そうか、植物も賃貸も同じなんだ。

一覧へ戻る
物件名:柴原ハイツ
  • oidaki
  • aircon
  • bt-betsu
  • gas
賃料
敷金/礼金
所在地 東京都国分寺市本多1丁目 
間取 1DK
最寄駅 JR中央線国分寺駅
駅より 8分

物件詳細

所在地 東京都国分寺市本多1丁目14-12 
最寄駅JR中央線国分寺駅 
徒歩8分 
バス 
交通その他 
賃料  
保険13000 
駐車場別契約(近隣) 
部屋番号205 
間取り1DK 
主要採光面南 
総戸数
建物構造木造 
築年月(築年数)1975年9月 
バルコニー面積10 
引渡し即入居可能 
設備・条件冷蔵庫、洗濯機の中古家電を利用可能。 

手間ひまをかけて、育てる愛情。そうか、植物も賃貸も同じなんだ。

和室。


昭和の日本の賃貸アパートは、基本的に和室でした。

日本人のライフスタイルが洋風化され、布団よりもベッド、お風呂よりもシャワーと

欧米化するにつれ、和室を洋間にするリフォームが爆発的に増えました。

 

和室は、古い。

和室は、昔のイメージ。

 

「フローリングにしないと物件が決まりません」と、私たち不動産屋も

家主様にそう話して、何件も洋間に交換する工事をしてきました。

 

今、ここで改めて畳の良さを、日本人の伝統的な住まい方をしっかりと伝えて行きたい。

畳文化の良さを発信していきたいと思っています。

 

 ①畳の持つ香りのリラックス効果。

 

畳には香りがありますよね。

畳の部屋には、イグサの香りがします。

畳の部屋に入ると気持ちが落ち着くような気持ちになったことはありませんか。

それは、イグサの香り成分にそのような効果があるからだそうです。

旅館に入って、

畳の上にゴロンと寝転がった時、

お寺に入って畳の上に正座する時、

ほっとして、心が落ち着く感覚があったとすれば、

それがまさしく畳の効果なのです。

 

 ②日本の蒸し暑さに対応できる、吸湿性と放湿性

 

日本の暑い夏、湿気が高く、ムシっとしますよね。
 
畳がこの蒸し暑い夏がある日本で最適だったのは、吸湿性があるからです。
 

畳は乾燥したイグサで作っているので、湿気を多く吸収します。

そして、同時に放湿性もあります。

部屋を風通し良くしておけば、畳に湿気が溜まることもないのです。

ムシムシした夏を快適に過ごせる自然の素材です。

更に二酸化炭素も吸着し、脱臭する効果もあります。

天然の空気清浄機の役割ですね。

 

③体に負担が少なく、衝撃を吸収する。

 

畳の上を歩くと、足の裏に弾力を感じます。

柔道も畳の上で行いますよね。

畳は衝撃を吸収する効果があるのです。

だから、圧倒的に体にやさしい。

フローリングの部屋だと固くてカーペットなどの敷物が必要です。

畳の部屋はそのまま布団を敷いて寝ることもできます。

そして、イグサには音を吸収し、防音効果もあります。

 

日本人の昔からの生活、床の上で暮らすことを考えぬかれて作られている繊細な素材の畳。

 裸足で畳の上を歩いた時の気持ちよさ。

畳は奈良時代から使ってきた歴史のある日本人に合った素材の敷物です。

自然素材のイグサやワラは空気を含み断熱効果があります。

だから冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるのです。

畳は、まさに世界に誇る日本固有の文化なのです。

 畳の良さを見直して、改めて畳のある生活を選んでみませんか?

 

 

 

ここで畳のある物件「柴原ハイツ」のご紹介です。

建物前面のスペースを利用して、奥様が植物を育てていらっしゃる。

さぼてん。

「1年に1回美しい花が咲くの」そうおっしゃって、携帯での写真を見せて頂いた。

すべての事に手をかけ、気を使いのある、思いやり深い家主様の人柄が分かる。

国分寺北口から、ゆっくり歩いても10分以内には確実に到着できる。

木造で昭和の建物。

ゆっくりとした時間の流れる「柴原ハイツ」で、

あなたも日本人の良さを再発見してみませんか。

 

追い炊きのできるお風呂

一覧へ戻る