洗面台を交換してみると・・・

設備の更新、

つまり、賃貸のもともとあるエアコン、給湯器などを交換することを

そう業界的に言ってます。

キッチンセット、トイレ、お風呂、洗面台なども含まれます。

こういった設備は、年々新しいものができてきます。

建築時は最新版で画期的だったものが、

10数年すると、少し古ぼけてきてしまったりします。

洗面台などめったに壊れるものではありません。

敢えて交換する必要は、ないかもしれませんが、

物件の付加価値を高めるために、

今回、家主様が新しく洗面台を交換した例をご紹介します。

これが、交換前と交換後を比べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

洗面台も進化しています。

 

 

 

 

  

 シンクが広く、掃除しやすくなりました。

 

 

 

  

収納も広く、大きく、便利になりました。

蛇口もシングルレバーです。

温度調節が簡単で楽になります。

 

 

 

 

 

 

しかも、この蛇口はシャワー式で伸びます。

 

 

 

設備を交換する時には、費用がかかります。

安定した賃貸経営を続けるためには、定期的な投資も必要です。

リスクをできるだけ少なくしながら、リターンを求める。

投資をして回収をするのが、不動産賃貸経営の鉄則です。

何をすれば、入居者様が喜ばれるのか、

今一番効率的な方法を、家主様に提供できる情報を

清水開発は長年の経験で多数持っております。

 

空室のお困りの家主様は、清水開発までご遠慮なくご相談ください。

無料でお役にたてるアドバイスができます。

不動産のことなら、どんなことでも清水開発が親切、丁寧にお答えします。

momota@kokubuji.me(百田 メールアドレス)

090-3230-3198(百田 携帯)

 

 

百田 晶子

カテゴリー: お部屋探しの豆知識&コツ講座♪, オーナー向け情報, スタッフブログ   パーマリンク