国分寺ハザードマップ

 

 

 

 

 

 

 

 

ハザードマップをご存知ですか?

お住まいの地区の行政機関が発行している、災害時の危険マップです。

地震、津波、洪水など今度起こるべきであろう自然災害に対しての

危険度を表示しています。

 

 

残念ながら、日本は地震が多い国です。

いつ何時起こるか分からないため、防災は頭の片隅にあっても、

それらへの対応は日々の忙しさで忘れてしまいがちです。

 

大事なことは、何か起こったら、まず何を優先させるかを決めておくことです。

家族との待ち合わせ場所。

避難する場所を決めておくことで、

まずお互いの安否の確認が取れます。

また公的な避難所は、支援物資も集まる他、様々な情報が寄せられます。

 

まずは、お近くの避難場所について調べてみましょう。

そして、そこまでの行く道を確認しておくのがいいと思います。

 

 

震災とは無縁でいられない私たちは、自然と共に歩みつつ、

自分の身は自分で守ることを意識しなければならないのです。

 

2011年の東日本大震災の時、全国から集まる支援物資の仕訳、整理の

ボランティアを経験しました。

そのとき改めて、情報の大切さを知りました。

 

夏休みで家族がそろう時こそ、

改めて安全に生き延びるために、

話し合ってみる良い機会だと思います。

 

百田 晶子

 

 

カテゴリー: お部屋探しの豆知識&コツ講座♪   パーマリンク