清水開発ヘビーユーザー

8年間の間に3回引越しをした。

それも全部清水開発の紹介。

清水開発ヘビーユーザーとも言えるかな。

 

20才で初めての一人暮らしをしてからの長い付き合いのお客様、S様。

お客様インタビューさせて頂けないかとお願いしたら、

ご協力してくださった。

 

10分のはずが、お昼をはさんで3時間も話しを伺った。

実家から出て、一番最初に住んだ物件が建て壊しのため、立退き、

ご紹介した物件も相続のため建て壊すことになり、引越し。

今度は都内にお引越しをします。

 

清水開発で都内の物件まで紹介してくれるとは思わなかった。

チェーン店に行ってみたけれど、

どうにも事務的な対応で、面倒くさくなってしまって。

清水開発で聞いてみたら、どこでも大丈夫って言われて助かった。

 

S様の引越し歴史。

20才で独立をした当時は、一番最初に部屋探しをしたのは、

吉祥寺。

なぜかって、それは一番住みたい街ナンバーワンに何年もなってる街だから、

気になって。

だけど、これという物がなかった。

中央線で下ってきて、国分寺駅で降りる。

街をぶらぶらして、飛込みで入ったのが清水開発。

 

前の大手不動産チェーン店では、物件を見るのに

予約が必要で、また来なければならないのが億劫だった。

それが、清水開発では、

一緒にすぐに物件を案内してくれた。

今から行きましょう。

いくつか見たなかで、一番最初にみた物件に決める。

決め手は、ポストが2個付いていたこと。

前の入居者の方が独自の大きくてきれいなポストを置いていき、

それをそのまま利用できるのは便利だと思った。

漫画家という職業柄、沢山の出版物が届く。

しかも目の前が、畑で広々してたから。

玉川上水がすぐそばにあり、静かな環境だった。

お部屋を決める理由は、そんな些細な理由だったりもする。

住んだ期間は2年間弱。

 

家主側の建て壊しの依頼があり、引越しをせざるを得なくなった。

この住んでいる場所から、車なら5分。

ここは独特の間取りだった。

階段を上がった中二階のような場所に和室がある1DK。

 

 覚えてますか?

引越する時に、百田さんが自分におにぎりを持ってきてくれたこと。

 

ちょっと大きな座布団をプレゼントしたことは、覚えていたけれど、

すっかり忘れていたことだった。

 

西友から段ボールをここまで運んでくれたりしたんですよ。

 

そうだったけ?

まるで記憶から抜け落ちている。

 

この時は4件ぐらい見たな。

思えばこの物件を選んだのは、正解だった。

ここで集中して漫画が描けたし、

その漫画が新人賞を取ることができた。

 

5年近く住んた物件が、今度も家主側の都合で引越しせざるを得なくなる。

都内に引っ越してみようと高田馬場の不動産屋に行ってみたが、

対応が事務的。

 

解約の手続きを清水開発でしている時に、

どこでも大丈夫ですよと言われて、ここを紹介されて、今年の夏3回目の引越しを終えた。

隣に大きな公園があったのが、決めて。

夜にランニングしながら、漫画のアイデアがわくので、

緑が多い所が必要とのこと。

布団が干せることも大きなポイントだったかなと。

 

清水開発では、個人と話してる感じがする。

大きな不動産会社と話してる時って、何だか壁がある。

どんな感じか柔軟に聞いてもらえたし、

直接話を聞きながら、探してもらえる対応も良かったと。

 

そういえば、よく名前を呼ばれたな。

名前を憶えてもらえてるというのも、うれしかったな。

 

結局の所、清水開発はそのフレンドリーさがいいんじゃないかな。

「一緒に探してみましょうよ」

その言葉。

また、次にお引越しする時には、ご連絡をくださるとのこと。

 

長いご縁でつながったS様。

S様との出会いに心から感謝です。

これからも、S様の物件探しをする機会にお付き合いをさせて頂ければと思ってます。

 

引越し先でも変わらず元気にお暮しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: スタッフブログ   パーマリンク