国分寺ってどんな街?

 

 

   国分寺市は、東京都のほぼ中央に位置し、東は小金井市、南は府中市と国立市、

 西は立川市、北は小平市に接しています。

 

  電車はJR中央線、西武線2線の計3線が通っています。

  JR線は「特別快速」という特急列車の停車駅なので都内へのアクセスもとても

   良いのが便利です。

 (新宿駅まで 21分 東京駅まで 35分)

 

 

 

 

 

 

  国分寺はまた、知る人ぞ知る歴史のある町なのです。

 古代、聖武天皇の時代には「国分寺建立の詔」が出され、武蔵国の国分寺は

 もっともふさわしい 場所として現在の南口(西元町~東元町)に建立されました。

 鎌倉時代の戦により町は焼失してしまいましたが、この武蔵国分寺跡は、全国の

 国分寺跡と比べても規模が大きく、歴史的に重要なことから

  国指定史跡にも指定されています。

 

 

 

 

 

 

  当社の位置する国分寺北口は学芸大学や早稲田実業学校があり、学生さんも多く、とても

 にぎわっております。駅前には多くのお店が軒を連ねておりますが、現在は駅前再開発予定に

 より立ち退いている店舗がいくつかあります。

  南口にも東京経済大学があり、こちらのエリアも学生さんの姿が多く見られます。

 駅前には飲食店やスーパーもありますが、少し歩くと庭園があったり、住宅街が広がってきます。

 場所によっては土地の高低差があるため、坂道にあたるところもありますが、緑豊かで

  落ち着いて過ごすにはとても環境の良い所です。